banner

安定な種類の材質

安定な種類の材質に向かって登場したチタン包丁

日常的に家庭で使用する包丁選びをする上で重要になるのは包丁の種類よりも材質でしょう。毎日使う包丁だからこそ維持管理の手間がかからないということが大切に思う人もいるでしょう。
もともと包丁は鉄や鋼で作られていたため、その維持管理には細心の注意が必要であり、こまめに研がなければその切れ味を保つことはできませんでした。また、さび安いという観点からも水気や塩気を嫌うという扱いが難しい側面があります。ステンレスの登場によって錆びにくい包丁が手に入るようになり、現在では主流なものになっています。

材料の進展は著しいものであり、ステンレスで十分に家庭でも維持管理が容易なものになったにもかかわらず、さらに多くの種類の材質が開発されてきています。その中でもチタン製のものは一見に値するものです。チタンを基本として銀等のと合金とした種類の包丁は実質上錆びるということがありません。ステンレスの場合には酸化力のある洗剤を使うと錆びてしまうという問題がありますが、そういった心配が一切ないという特徴があります。そのため、酸化力の強い台所洗剤を普段から利用していたとしても包丁に特別の注意を払う必要がなくなります。同様の特性を持つものにセラミック包丁がありますが、セラミックは割れやすく、刃こぼれができても一般の家庭では研ぐのが難しいという欠点があります。その点でもチタンは柔軟性に富むため割れにくく、刃こぼれがおきにくいものの万が一刃こぼれが問題になっても研ぐことができるというとても万能な素材なのです。硬度の問題のため太い骨などの硬いものを切るのにはむかないという弱点こそあるものの、日常的に料理に使う分にはそれほど支障はありません。その上、チタンは光触媒による殺菌作用もあるため衛生上も都合がよいという付加的な価値まであるのです。

世の中では時短生活や節約が唱えられるようになり、家事にかける時間をいかにして減らし、必要なことも手間をかけずに行うかということに焦点が絞られるようになってきました。これは包丁の材質の種類の変遷にも反映されており、鉄や鋼からステンレスに、そしてチタンへという流れができてきているのです。時代の変遷とともに安定でさびなどの心配のない材質が採用されるようになってきており、鉄や鋼などの需要を残していきながらも、今後の主流も維持管理に手間がかからず安心して使えるという方向性に変わっていくことでしょう。

Copyright(c) 2015 包丁を材質別に見比べてみよう All Rights Reserved.