banner

値段と切れ味の関係

値段の高い包丁と切れ味の関係

包丁の材質には大きく分けて錆びるものと錆びにくいものとの2種類あります。現在一般家庭で多く使われているのは、錆びにくいと言われるステンレス製のものですが、かつてはすべてハガネの包丁を使用していました。この2種類にはそれぞれ丁著と短所があります、まずステンレス製のものは、材質が柔らかい素材のため、新品のものでも切れ味の点ではハガネには及びません。そしてやわらかいために比較的短期間で切れ味が落ちてしまいます。ただし錆に強いのが大きな魅力で、水分が残っていても錆びにくいのが特徴です。そして研ぎやすさの点では、研ぎ味が悪く、せっかく研いだとしても短期間で切れ味が落ちてしまいます。一方ハガネの包丁は、刃が硬く、切れ味がよいのが特徴です。長期間とぎ直しをしなくても切れ味を維持することができます。ただし錆びる素材なので、水分が残っていると錆びてしまうために簡単な手入れをすることが必要です。研ぎやすさの点では砥石ののりが良いので、初心者でも比較的簡単にとぎ直しがしやすいのが大きな魅力です。

けれども現在では砥石をうまく使う方法を知らないという人も多く、必ずしもとぎ直しがしやすいものが人気があるというわけではありません。そして同じ材質の包丁であっても値段の高いものと安いものがあります。一口にはハガネといってもピンからキリまであり、値段の高いハガネの製品には、品質の高いハガネが使用されています。値段の高い製品に使われているハガネの多くは炭素含有量が高く非常に硬い材料になるため、高度な熱処理技術が必要になります。こうした作業というのは機械化が進んだ現在であっても、このような品質の高い材料を使いこなすためには熟練の職人技が必要とされます。そしてこうして作られる包丁は多くの場合総手作りにこだわった製品になるため、高価な包丁になります。

普通に家庭で使うための包丁なら5000円から10000円程度の金額のもので十分です。現在では千円以下でもいくらでも買うことができるし、100円ショップにさえ多くの包丁が並んでいます。けれども安いものはやはりそれなりのものでしかないし、切れ味を比べてみればその違いは明らかです。良い包丁はきちんと手入れをしながら大切に使えば一生使い続けることもできます。何万円もするような高級な包丁ではなくても、ある程度の価格の質の良いものを購入し、5年10年と長く愛用するのがおすすめです。

Copyright(c) 2015 包丁を材質別に見比べてみよう All Rights Reserved.