banner

包丁の材質と特徴

包丁の材質とそれぞれの特徴

料理にあまり詳しくない人にとっては、包丁なんてどれも同じだと感じるのではないでしょうか。しかし、包丁には様々な種類(いわゆる普通の家庭用の洋包丁の他にも、刺身包丁や牛刀、タコ引きなど様々な用途に合わせたものがあります)のものがあり、また、刃の材質も異なるものが存在するのです。

刃の材質としては、鋼(はがね)とステンレス鋼のどちらかが使用されることが多くあります。まず鋼の最大の長所は、切れ味がとても良いことが挙げられます。日本刀の切れ味を思い出せばわかるように、鋼の包丁できちんと研いで大事に扱ってきたものは、非常に切れ味が良く、日本料理の職人などは必ずといって良いほど鋼の包丁を使用しています。しかしながら、鋼の包丁にも欠点があります。それはとても錆びやすいという性質を持っていることです。実際、鋼の包丁を水に浸けたままにしていると、一時間も経たずにさびてしまうものもあると言われており、使った後はきちんと乾いた布巾で拭いておくことが重要になります。

これに対して、ステンレス鋼を刃に使用している包丁の最大の長所は、錆びにくいという点にあります。そもそも、「ステンレス」とは「ステン(錆)」が「レス(ない・少ない)」という意味ですので、その錆びにくさは鋼とは段違いです。したがって、少し水気があるままにしておいたぐらいでは簡単に錆びてしまうことはめったにありません。この点がステンレス鋼の最大の特徴と言えるでしょう。また、ステンレス鋼を使用したものは、比較的安価なものが多く、100円ショップなどでも販売していることがあります。もっとも、ステンレス鋼は鋼に比べて切れ味の点では若干劣ります。最近では比較的切れ味の良いステンレス鋼を使用したものも登場してはいるものの、やはりトップレベルの鋼のものと比べると切れ味では劣ると言わざるを得ません。

これらの特徴を勘案してみると、普段、家庭で使用する観点でいえばステンレス鋼を使用したもので十分役割は発揮することができると言えます。しかしながら、道具にこだわる方や、切れ味の良い包丁を探している方は、刃の材質に鋼を用いたものを探してみることをお勧めします。

加えて、最近では刃の材質にセラミックを使用したものも増えてきています。金属特有の臭いがないことから、フルーツなどのカットの際には最適といえますが、鋼やステンレスに比べて割れやすい点が欠点として挙げられます。

Copyright(c) 2015 包丁を材質別に見比べてみよう All Rights Reserved.