banner

ステンレス包丁の特徴

多くの種類の中でステンレスの包丁の特徴

毎日の料理に活躍する包丁は、材質の種類によってそれぞれに特徴があります。その代表的な素材としてはのハガネとステンレスがあります。ハガネの包丁の良い点は切れ味がよく切れ味の持続性が高い点があげられます。そして研ぎなおしのしやすさも大きな魅力であり、和包丁のほとんどがハガネのもので、日本料理のプロの料理人が使用しているのは研ぎ直しのしやすいハガネのものです。ただしハガネは錆びやすいため、水を使った後には必ずきちんと手入れをしておかなくてはなりません。

ステンレスの包丁の良いところとしては、素材そのものが柔らかいので切れ味を比較するとハガネよりも切れ味の持続性の点ではお取ります。新品の包丁で比較しても、ハガネの方が切れ味が持続しやすいと言えます。ステンレスの包丁の良い点というのは錆びにくいという点です。包丁は元々は一般家庭ではハガネのものが使われていて、砥石で研ぎなおしながら長く使い続けるというのが一般的でした。けれども現在では材質もメンテナンスのしやすいものなどが好まれ、砥石で研ぎなおすという方法をきちんとできる人は少なくなってきているのがその理由だとも言われます。ただし、ステンレス製のものであっても、研ぎなおすことはもちろん必要です。ハガネ製のものと比較するとやや研ぎにくいのが難点で、ハガネのものよりもむしろ切れ味の持続性が低い分、短期間で研ぎなおさなくてはなりません。

ハガネを挟んだ割り込み包丁に人気があります。このタイプは両側をステンレスで挟んだつくりになっているので、錆びるのは真ん中に挟んだ部分だけで5ミリほどの部分がわずかに錆びるだけなので、メンテナンスの点を考えるととても楽です。多くの種類がある材質の中から自分の希望に合った包丁を選ぶためには、まずはこのメンテナンスに関することもポイントになります。材質というのは相反する要素が強く、硬くないとよく切れません。けれども硬い材質というのは掛けやすく、逆に柔らかな材質のものはすぐにキレ味が落ちてしまいます。そして硬い材質のものは研ぎにくく、柔らかい材質のものは研ぎやすいけれども、短期間ですぐにまた研がないと切れ味をキープすることができません。

普通に家庭で使うものならば値段も5千円から1万円程度のもので十分です。現在では安い刃物もかなり多くの種類が販売されています。千円以下で買えるものもありますし、百円均一のお店でも普通に包丁を売っています。けれども安い刃物はやはりそれなりのもので、切れ味を比較してみればその差は歴然です。プロの料理人ではなくても、毎日料理で使用するものを選ぶなら、やはりある程度の品質のものを選ぶようにして大事に使えば一生もつものもあります。

Copyright(c) 2015 包丁を材質別に見比べてみよう All Rights Reserved.